2012年3月30日金曜日

変わるものと変わらないもの


もう1年の3分の1が終わるそうだ。びっくりすぎる。月日は矢のように過ぎていく。人間はずれゆく地軸の上でじりじりと移動し、1年前とは全く違うところにいる。同じものなんか何もない。でもそんななかでも変わらないものもあるし、自分がどこかに置いてきたものもあるし、たまに失ったものについて考えるのはそれはそれでロマンチックだ。と一円の得にもならない禅問答を繰り広げる春の始まり。そんなことを文学フリマで書きたい。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

まだ4分の1だよ!

akiko saito  さんのコメント...

しまった